介護技術コース

   介護ベッドサイドで指導中
   介護ベッドサイドで指導中

《介護技術》

 【3時間コース】
 全てのコースは、講義演習形式で行います。


(1)「コミュニケーション技術」の指導
 自己理解・他者理解を通して、コミュニケーションに必要な技術を習得します。

 

(2)「移乗・移動の介護技術」の指導

 ベッドの寝具の整え方をベースに、体位の変換方法や、車いす移乗の方法」について必要な技術を習得します。


 ・「寝具の整え方」
 ・「体位の変換」

 ・「車いすの正しい使い方及び移乗の方法」
 ・「本日の介護技術を文字化しよう」

  

(3)「排せつの介護技術」の指導

 おむつ交換・トイレ介助・ポータブルトイレへの移乗方法をふまえた排せつ介助の技術を習得します。

 

 ・「排泄・尿失禁介助」
 ・「本日の介護技術を文字化しよう」

 

(4)「身体清潔の介護技術」の指導

 椅座位での清潔介助のみならず、ベッド上での部分浴の介助技術も習得します。

 

 ・「身体の清拭・部分浴(手浴・足浴)」
 ・「本日の介護技術を文字化しよう」
 

(5)「衣類の着脱・洗髪の介護技術」の指導

 ベッド上での洗髪の技術や、衣類交換に必要な介護技術を習得します。

 

 ・「本日の介護技術を文字化しよう」
 

(6)「食事介助・口腔ケア」

 食事介助の方法にあわせて、口腔ケアの介護技術について習得します。全てのコースにおいて、ケア手順を可視化する練習と、提供した介護技術を記録する演習を併せて行います。

 

 ・「本日の介護技術を文字化しよう」

 

《介護記録の書き方》

【3時間コース】
 対象:施設職員・訪問介護員・通所介護。個別援助計画(施設・訪問・通所等)に記載されたサービス内容(介護技術)を可視化する。アセスメントや、モニタリング記録とは、何をどのように書くのか。
 事例を通して、介護記録の書き方を練習し記録の書く為に必要な技術を習得します。